神戸市東灘区の独立系FP船津正明です。私が2014年に独立開業と同時に取り組んだことが地域社会へのボランティア活動でした。

理由は、1995年の阪神淡路大震災が起きた当時は、会社員で東京勤務でしたので 自分の家族や友人達、そして被災者へのボランティア活動も何も出来ませんでした。

非常に悔しい思いをしたからこそいつか大好きな神戸に恩返しがしたいという思いがありました。 その思いを実現するために始めたのが今の地域社会への貢献活動です。

認定NPO
はんしん高齢者暮らしの相談室

認定NPO「はんしん高齢者暮らしの相談室」では、阪神間の高齢者とその家族をサポート する活動を行っています。 最大の特徴は、行政と民間事業者が連携してワンストップで相談対応が出来る態勢が整っている事です。

私自身が、両親の介護をする中で非常に困ったことが何度もありました。 同じような悔しい思いをする人が少しでも減ったらいいなと思いながら活動をしています。

こうべ企業の窓口

「こうべ企業の窓口」は、神戸商工会議所のサムライ神戸ネットワークに登録している専門家の 有志が集まり、中小企業のお役に立ちたいという熱い思いを同じくするメンバーで立ち上げた 団体で私も開業と同時に参画しました。

困りごとを抱えたときに経営者がまず思うのは「どの専門家に相談したら良いのか?分からない!」 ということです。どの専門家に依頼したら良いのか、正確にわかっている方は多くありません。 そんなとき、十二種類もの専門家が30人以上も集まった「こうべ企業の窓口」にご相談いただければ、多角的な視点からアドバイスをすることが可能です。

「こうべ企業の窓口」は、企業の誕生から成長・継続そして100年企業を創るサポートを通じて、 神戸を「この街で起業してよかった!」そう実感してもらえる企業数、日本一にすることを目指しておりまさに私の経営理念と同じ目標を掲げております。

日本FP協会 兵庫支部

auto

最後に日本FP協会の兵庫支部こそが私のホームグラウンドです。 ファイナンシャル・プランナーとして開業した時から同じ地域で生活している 皆さんのお役に立ちたいという思いを実現できるお仕事です。

最近は、コロナ禍という事もあり開催出来るイベントも限られてはいますが 確実に皆さんからの認知度も上がってきているなと感じております。 これからも地域社会の金融リテラシー向上のために努力していこうと考えております。